修善寺発特急踊り子 三島駅の正しい出場方法がかなり特殊

踊り子イメージ鉄道散歩
この記事は約3分で読めます。

特急「踊り子」を伊豆箱根鉄道線内(修善寺-三島間)だけ乗ってきた人が三島駅で下車するには意外なルートを通る必要があった。

JRホームに着くけどJR出口は出られない

東京と修善寺を結ぶ特急「踊り子」はJR線と伊豆箱根鉄道駿豆線の直通運転の関係で三島駅(静岡県三島市)では東京行き・修善寺行きともにJRの1番線を発着する。

乗り通す人やJR線内だけ乗る人は良いのだが、問題は修善寺方面から乗って三島で下車する、つまり伊豆箱根鉄道線内だけ乗車するとちょっとだけややこしい問題が生じる。

三島駅はJR線と伊豆箱根鉄道線で別改札となっているからだ。

「踊り子」を伊豆箱根鉄道線内の乗車で済まようとしても勝手にJR線ホームに連れて行かれる。

にもかかわらず、JRの出口からは出られないと車内アナウンスされる

では一体どうやって改札外に出るのか。

実際に三島で降りてみた

2018年3月某日、伊豆長岡から乗った修善寺発東京行き特急「踊り子」。三島に差し掛かったら車掌によるアナウンスが流れてきた。

ご乗車ありがとうございました。まもなく三島、三島に到着です。
踊り子号を三島までご利用のお客様は伊豆箱根鉄道の有人改札口をご利用ください。
JR三島駅北口・南口改札はご利用になれませんのでご注意ください。

JR1番線到着、お出口は左側です。

わけがわからない。

JR東海道本線が見えてきたと思うのも束の間、JRの駅名標があるホームにぐいぐい近づいてくる。
近づくJRホーム

乗ってもいないJRの1番線に到着した。
JRホーム

本来いてはいけないはずのJR線ホーム。変な感じ。

“反則的な”正規ルート

ここからはぶっつけ本番でやってみる。案内を最大限咀嚼すると次の通りだ。

「JR改札はご利用になれません」 → JR改札内にいるけどJR改札口から出られないぞ
「伊豆箱根鉄道の有人改札口」 → 伊豆箱根鉄道連絡口へ行け

普通に考えて連絡改札口だと伊豆箱根鉄道線に「戻って」しまうので無理だが、「連絡口」とは一言も言っていないのがミソだ。だから「連絡口のある場所」の「有人改札口」だと消去法的に解釈する。

1.伊豆箱根鉄道線連絡口へ向かう
三島
(別の機会に撮影)

2.駅員のいる通路で駅員にきっぷを渡して改札外に抜け出る(伊豆箱根駅舎から出る)
踊り子出場(三島)
(別の機会に撮影)

改札口の構造に秘密があった。連絡口と通常の改札口の窓口(有人改札)は兼務できるよう配置されているのでこれを利用して連絡口から入りかけて出口を出る。V字型に通り抜ける。ウルトラV。要するに伊豆箱根の駅員にきっぷ渡せば出られるということなのだ。

無言でも何だしと思い「踊り子でした」といいながら駅員にきっぷを渡したところ、「ありがとうございました」と言われ、あっさり外へ出られた。一発正解。

動線の複雑さと似合わないほどいとも簡単に出られることにいささか拍子抜け気味。

終わってみれば現実的なやり方だなと思ったものの日本の一般的な集改札システムが頭の中にあるとかなり変則的というより反則的といって良いくらい。普通にやるとルール違反になるようなルートが正規ルートなのだから。誰が考えたのか長いことこのような方法が採られてきたのなら実に不思議だが、三島で下車する人はあまりいないから問題ないのかも知れない。

ちなみに特急「踊り子」、伊豆箱根鉄道線内は普通乗車券のみで普通車自由席に乗れる。特急と思えば古臭いこの車両も“タダ”だとなぜか快適。もっと乗っていたい。

タイトルとURLをコピーしました