大井川本線(後編) “近鉄特急”と無人駅芸術の関係

鉄道
この記事は約4分で読めます。

大井川鐵道大井川本線の魅力。それは今でもほぼ毎日活躍するSL列車と大手を引退した特急車両による普通列車。2018年3月にちょっとだけ訪問してみたらこの路線の正体が見えてきた。

大井川本線(前編) SL・旧客の本物レトロ感を間近で味わう
大井川鐵道大井川本線の魅力。それは今でもほぼ毎日活躍するSL列車と大手を引退した特急車両による普通列車。2018年3月に訪問してみたらうれしい誤算があった。

ミスマッチ感が凄まじい

スマートフォンの地図アプリを頼りにまずは代官町へ。今度は平らな新興住宅街。20分くらい経過。乗らなかった金谷発の普通列車が通り過ぎる時刻が近づいてきたので線路沿いの脇道に入ってみた。

近鉄中古
遠くから音がした。“近鉄特急”だ。単線をゆっくりとした速さで通り過ぎる。「ガタン、ガタン」とレールの継ぎ目を越える時の音。路盤が悪く上下に揺れる車両。外見に似合なくて面白い。

この車両、かつての近畿日本鉄道(近鉄)の“スター選手”だ。大阪阿部野橋から吉野へ向かういわゆる吉野特急として華々しく活躍していた。
そして今大井川鐵道に来たわけで、乱暴に言ってしまえば元プロ野球選手が引退し、50歳になってなお現役でいたいと草野球チームの選手をやっているようなものなのだ。

線路脇の散りかけの桜がこの車両の置かれた状況を物語っているかのようだ。

さて、代官町駅へ行ってみたいわけだが、「代官町」というだけあってこのあたりは島田市金谷庁舎やら郵便局などの立派な建物が並んでいる。昔から金谷の行政の中心地なのだろう。駅は近いはずだが、それらしい雰囲気がまるでない。郵便局の角の細道を入るとわかったのは地図のおかげ。

日曜大工に失敗?代官町駅
細道を抜けたところにあった。代官町駅。日曜大工に失敗したような不揃いの木材が痛々しい待合所。金谷図書館の真裏、先程の役所関係の建物群が背を向けていてなおかつ水路を挟んだ上にホームも反対側に設置されている。列車が通り過ぎた後とは言え誰もいないし、役所最寄駅として機能している気配がない。

もう一駅くらい行けそうだとさらに歩き出す。ここから隣の日切駅までは10分くらいと近い。少しのどかな景色になってきた。バイパスをくぐり、集落の中を通る。

誰も来ない無人駅

日切駅
日切駅。集落の外れにあった。さすがにここで区切って金谷へ戻ることにする。といってもここで何十分か待つことになるのだ。

誰も来ない日切駅
誰一人として駅に来る気配がない。何分かたった頃、駅前に自家用車がやってきたと思えば駅前の家の人だった。それもそのはず約2時間に1本。乗らないのではなく、乗りたくても乗れない。もはやローカル線ですらないのかも知れない。そんな駅で待つ一人の客となる。もはや芸術だ。

老朽化している乗車位置標識
線路脇に立っている乗車位置の標識は錆びているし、架線柱も朽ちてないか。それは言い過ぎだとしてもボロいことには間違いない。

発車時刻が近づくと遠くから灯りが見えてきた。なんとさっきの“近鉄特急”ではないか。まさか一編成で運用しているのか。同じ車両行ったり来たりなのか。それはさすがに違うか。
らしからぬ低速で入線してきて、あらら、乗車位置を通り過ぎて停車。そうか、他の南海とか東急の中古車両が20m未満車だから位置が合わないのか。でもそういうのは鉄道会社で直しておいてほしい。

揺れる“近鉄特急”

揺れる元特急車
特急車らしく折り戸が内側に開いて車内へ。そしてローカル線らしく整理券が出るので忘れずに取る。特急用として造られただけにやや豪華仕様でカーテンは付いているしふかふかの座席に座れるのは伊豆箱根鉄道踊り子以上に「タダ特」で良いのだが、よく見ると所々シートが剥げている。

走り出したらすごく揺れる。上下左右にまるで起震車。こんなに揺れる“近鉄特急”はありえない。線路状態の良くない大井川本線だから当然大手の幹線とはわけが違う。そのくせ車両前方の運賃表は液晶画面になっているし、自動放送もちゃんとアナウンサーが喋っているタイプで英語まである。かと思えば整理券の印字が甘く、古いタイプの発行器だとわかる。この会社のお金の掛け方がわからないが、沿線のどこにいるかわからない客よりも遠くからやってきて全線乗るようなありがたい観光客を優先した結果なのかも知れない。

先程見てきた新金谷でそこそこまとまった数の客を降ろし、終点金谷へ。もう日が暮れている。こちら大井川鐵道のアナウンス「かなや」は「バナナ」と同じようなアクセントだった。会社で違うのか。
金谷ではまさかの車内精算。たかだか18時で駅員がいない時間帯になるのだ。誰も運賃箱に小銭を入れている様子がない。ああ、やはりフリーきっぷなどの観光客ばかりなのだ。

中古特急車で運用される普通列車、あるいは中古特急車がメインで走るローカル線として少しだけ見てきたわけだが、想像していた以上にミスマッチ感が凄まじかった。
かつての“スター選手”の余生とは言え老朽化した施設の中を超ベテランの風格を感じさせながら走る場面は面白いけどどこか場違いな感じがするし、役不足な感じもするのだ。
観光鉄道か生活路線かのバランスも考えさせられたし、課題も多いと感じたが、でもそれがわかるわけだからちょっとだけでも現場に行くことは大事だな。