大井川本線(前編) SL・旧客の本物レトロ感を間近で味わう

動くSL 鉄道
この記事は約3分で読めます。

大井川鐵道大井川本線の魅力。それは今でもほぼ毎日活躍するSL列車と大手を引退した特急車両による普通列車。2018年3月にちょっとだけ訪問してみたらうれしい誤算があった。

一駅移動する意味

大井川鐵道金谷駅
金谷駅。大井川鐵道の駅舎。ここが新金谷発のSL列車やアプト式鉄道、寸又峡温泉などの温泉地へ向かう奥大井観光のスタート地点だと知らなければわからないくらい小さくて地味な駅舎。四角い建物には風情も何にもない。

別の取材で金谷に来たわけだけど来てみるとやはりちょっとは見てみたいし乗ってみたくなるが、今度の列車は50分も後。大井川本線の特徴を考えればここに長くいてももったいないので歩いて新金谷駅まで行ってみたいと思う。新金谷は大井川本線の拠点であり、いわば“SLの基地”だからわざわざ行く意味があるはずだ。

金谷の町
というわけで金谷の町を歩く。「かなや」は「シメジ」と同じようなアクセントで呼ぶらしい。JRの車掌がそうだった。昔ながらの電器店や鮮魚店などが並ぶこの町は、夕刊配達のバイクが通り、帰宅する中学生が通り抜け、どこにでもあるような夕方の光景だった。

新金谷駅
町を抜け、橋を渡り、歩くこと20分。見えてきた踏切を頼りに道を曲がると新金谷駅にたどり着いた。古いけどこの風格。広い駅前広場の前に堂々と構える駅舎。

蒸気機関車(SL)が牽引する客車列車がメインの時代は付け替えなどのために主要駅は大きな構内が必要で運行の拠点としてふさわしい規模の駅舎となっているのだから、電車時代ののりかえ利便だけを目的とした金谷駅のしょぼさとは異なるのは当たり前のことだ。

SLが煙を吹き上げ近づいてくる

わざわざご丁寧にも「転車台」への案内標識が立っている。SL列車観光に力を入れている現代にこうしたある種時代遅れな「大きな駅」は、併設されている車両基地とともに“これ自体”が観光になるのも理解できるが、若干の違和感を禁じ得ない。

それは見たいけれどどこか見世物と化した転車台にお上りさんよろしく勇んで向かうのも気が引ける。そう思ってだだっ広い駅前広場兼駐車場をゆっくり歩いているとなんとSLが音を立ててこちらへ近づいてくるではないか。C10が音を立てながら煙を吹き上げ係員を脇に乗せて移動している。入換作業だ。
やってくるC10

手の届くような場所でのSLの入換作業はなかなかないと思う。転車台に行かなくて良かったではないか。
C10入換

係員が地面に降りて手動で転轍操作して転線。そうした一部始終が安全な駅前広場の一角から無料で合法的に間近で見られるのだ。これには驚いたし、うれしい収穫だ。本日の営業運転を終えた後なのだな。タイミングも幸運だった。
動くSL
動くSLは静態保存の何倍も楽しい。

“タイムスリップ”できる駅

昔使っていたであろう転轍機が保存展示されている休憩スペースがあり、そこは線路のすぐそばでホームもよく見える。留置されている旧型客車がこれでもかとレトロな雰囲気を醸し出していた。1940年代にタイムスリップするのにタイムマシンの必要はないらしい。
旧客停泊(新金谷)
これが2018年3月の光景だと信じられるか。

JR金谷から一駅で本物レトロ感。動くSLと未だ現役の旧客を見るためだけに新金谷に来る価値は大いにある。歩いてきたから何かお金を落とそうと思い、自動販売機の清涼飲料水を買った。がんばって動態保存している鉄道会社にお金が入ることが大事だ。

ところで本日は本当に平日の夕方なのだろうか。まだ列車は来ないとはいえ駅に通学帰りの人すら見かけないとは。

乗らなかった金谷発の普通列車はまだ来ない。ここから乗っても芸がないと勝手に考え、千頭方面へ何駅か歩いてみたい。行けたところから金谷へ戻る列車に乗ってみようと思う。

大井川本線(後編) “近鉄特急”と無人駅芸術の関係
大井川鐵道大井川本線の魅力。それは今でもほぼ毎日活躍するSL列車と大手を引退した特急車両による普通列車。2018年3月に訪問してみたらこの路線の正体が見えてきた。